匍匐茎の再利用 - 2016.06.14

2016.06.15 Wednesday 09:35
0

    以前不要な部分をカットしておいた匍匐茎。

     

    水につけておくと

     

    節から根が出てきました。

     

     

    そこで、数本だけテストで植えてみました。

     

    これに成功すると、密度が低い部分にカットした匍匐茎が使えることになります。

    こんな簡単な方法が成功するほど甘くはないと思いますが、しばらくテストしてみます。

     

     

     

    ◆◆◆5日経過◆◆◆ (2016.6.20追記)

     

    ちょと枯れかかっています。

     

    しかし、写真ではわかりませんが、根が土に定着している部分もあります。

    もしかすると...

    ちょっとした期待が持てます。

     

     

     

     

    category:成長記-特別編 | by:芝生管理人comments(0) | -

    八週間経過 - 2016.06.13

    2016.06.13 Monday 15:55
    0
      晴れと雨にメリハリがありますが、太陽光発電事業者&芝生管理人として一喜一憂しております。
      このまま良いバランスが続いてくれることを祈ります。



      あっという間に一週間が経過し、苗の植え付けから八週間。
      約二ヶ月が経過しました。
      まだまだこれからですが、それでも「芝生」であることは誰の目にも一目瞭然になってて来ました。

      いつもの三枚。






      土が露出しているヶ所にも匍匐茎は伸びているので、もうすぐ全体的に緑が茂ってくると思います。

      別のアングルから






      朝夕のスプリンクラーを止める作戦が成功したのかどうかは今となっては不明ですが、ここにきて密度が上がってきました。



      次は、密度の薄い部分に「カットした匍匐茎」の植え付けを行ってみます。



       
      category:成長記 | by:芝生管理人comments(0) | -

      七週間経過 - 2016.06.05

      2016.06.06 Monday 14:13
      0
        梅雨入り宣言です。
        太陽光発電事業者としては辛い時期がやってきましたが、芝生の発育が最も期待できる季節です。



        早速、七週間を経過した芝生の様子です。






        芝生の密度も上がってきましたので、気が早いですが芝刈り機を初めて使ってみました。

        バッチリです。
        築山はまだ難しいと思うので、平面部分だけの作業にしました。



        また、匍匐茎が道路にはみ出す箇所が目立ってきました。


        自慢のはさみでカットしました。


        結構な量です。


        せっかくの匍匐茎。
        なんか勿体無いです。

        トマトの脇芽のように再利用できるそうです。
        水耕栽培で、根を出してから植えた方が良いとのことなので、

        かなり乱暴ですが、一番楽そうな方法で実験してみます。

        根っこが出てきたら植えてみる予定です。


         
        category:成長記 | by:芝生管理人comments(0) | -

        六週間経過 - 2016.05.30

        2016.05.30 Monday 22:02
        0
          前回芝刈りして10日。
          天候にも恵まれたせいか、早くもフサフサになってきました。
          でも、計画通りに一気に横に伸びてくれた印象です。
          匍匐茎がたくさん伸びました。

          不陸調整と、匍匐茎の定着のために真砂土を撒くことにしました。
          折角なので、もう一度バリカンで芝刈りをしてからの作業です。

          慣れない作業のため、写真撮影を忘れました。



          作業が終わって、六週間経過後の芝生の様子です。

          目土で隠れましたが、匍匐茎で繋がり始めています。


          近写を二枚。



          ちなみに、同一距離での撮影です。
          隣り合った苗なのにこの違いがあります。

          日射量に大差はないと思うので、個体差なのか水はけの問題なのかどちらかだと思います。



          ちなみに、以前から紹介している二つの築山ですが、
          なんと片方の築山はスプリンクラーを三週間ほど停止させたままにしていました。
          雨が適度に降っていたため、大参事には至りませんでしたが、ここにきて発育に大きなが出てきました。




          違いは一目瞭然です。
          やはり、鳥取方式®での芝生の発育には「水」が重要なポイントなのかもしれません。

          しかし、青々としてきた上の写真の築山ですが、実はこちらが自動散水が止まっていた方です。
          水を求めて匍匐茎が拡がっていったのでしょうか。



          そこで決めました。
          一日二回の自動散水をやめます。
          チョロチョロと濡らす程度の散水は、現段階では芝生の発育にとってマイナスだと判断しました。

          もちろん、カンカン照りの日には別途設置している散水機でガンガン水撒きしてやる予定です。



           
          category:成長記 | by:芝生管理人comments(0) | -

          五週間経過 - 2016.05.23

          2016.05.23 Monday 10:23
          0
            夏日が続いております。
            しかし、今年は観測史上で一番暑くなるという予想もありますから、まだまだ序の口なのでしょう。



            早速芝生の様子です。





            一見、あまり変わってないようにも思いますが、匍匐茎は順調に拡がっています。


            定点撮影の場所でないのですが、

            均等に匍匐茎が拡がりを見せて隣の苗と干渉を始めました。

            夏休みには

            こんな感じで遊べると周囲に豪語しているので少々心配になってきていますが、ちょっと希望が出てきました。


             
            category:成長記 | by:芝生管理人comments(0) | -

            Calender
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728   
            << February 2018 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM